マイムの部屋

社内SEが,興味をもったことを書いていきます.

日本語係り受け解析器CaboChaをubuntuに入れみる

今回は,Cabochaをubnutuに入れみることにする.まず,入れなければいけないものが以下の3つであるらしい.
  • mecab
  • CRF++
  • cabocha
    • mecabに関してはもうインストールしてあったので割愛させてもらいます.
      まず,CRF++をダウンロードします.その後の手順は以下のコマンドでお願いします.
      1. tar zvxf CRF++-0.58.tar.gz
      2. cd CRF++-0.58
      3. ./configure
      4. make
      5. sudo make install
      6. ls /usr/local/lib
      7. sudo ldconfig
      8. cd ~
      次は,cabochaのインストール手順.やはり,まずはダウンロードをします.
      1. tar xjvf cabocha-0.67.tar.gz2
      2. cd chabocha-0.67
      3. ./configure --with-charset=UTF8 --with-posset=IPA
      4. make
      5. sudo make install
      6. sudo ldconfig
      7. cabocha
      cabochaのインストールに関しては,少し時間がかかる部分があるので気長に待ちましょう.

      参考サイト